デバイス関連

【静音リング】実際に効果はあるのか?青軸キーボードで試してみた【ゲーミングキーボード】

最近青軸のキーボードを購入したのですが、底打ち音?がかなり気になりました。
そこで、静音リングなるものを実際に買って取り付けてみました。

静音リングとは

キーボードのキーに取り付けて、打鍵音を小さくする事を目的とした製品です。
Amazonで1000円ほどで購入することができます。

 

商品名 メカニカルキーボード対応 静音リング MX軸対応
価格 899円 ※執筆時価格。時期により変動あり。
特徴 静音リング500個入り。
キーキャッププラー×2個
クリーニングブラシ×2個

500個入りとありますが、面倒なので数えていません。
ケースを開ける際にぶちまけたので、数個部屋のどこかに飛んでいきました。
何故かクリーニング用のブラシが2本ついています。
サービスですかね、ありがとうございます。

キーボードを買うとキーキャッププラーがついてくることがありますよね。
だいたい太くて使いづらいことが多いのですが、この商品に付属するプラーは先が細いものが1つ入っており、とても使いやすかったです!
上の画像だと右側のものになります。

 

実際につけてみた

▲小さな静音リングをキーの裏側の軸部分に装着していきます。

 

▲底打ち音が一番気になるのがスペースキーだったので、静音リング被験者第一号は、スペースキー君となりました。
スペースキーは横長で軸部分が3つありますので、3か所にリングを装着します。
shiftキーや、CAPS LOCKキーも横長ですので、軸部分が2か所あったりします。

 

 

▲同じ要領でキーを1つずつ外して、静音リングを取り付けていきます。

 

1個つけるだけで底打ち音と底打ち感がソフトになりました。
1個付けた場合と、2個つけた場合の音の差はあまり感じられませんでした。
打鍵感は2個つけたほうが明らかにソフトになります。
ゴムみを感じます。(語彙力)
(超個人的な感想)

 

今回使用したキーボードが安価な中国メーカーだからかは分かりませんが、
全てのキーに2個ずつ装着した場合、
キーによっては静音リングの厚みで浮いてしまい、

連続してタイピングしていると、はずみでキーがとれてしまう事がありました。

 

よって、泣く泣くすべてのキーの静音リングを1つに戻しました。

 

これは使用するキーボードによると思いますので、
また別のキーボードで静音リングの1個verと2個verを検証する予定です!!!

 

まとめ

静音リングを1個つけると、明らかに底打ち音と底打ち感が軽減されます。
2個つけると、さらにソフトになりますが、キーを押し込んだ際に「ぐにゅ」っとなります。

今回使用したE元素の青軸キーボードでは、shiftキーなどの横長のキーに静音リングを2個つけた際、【ぐにゅ!→キーが片側に傾く→キーが浮く→外れる】という現象が多く起きました。

横長のキーで上記の現象が起きないものもあったので、個体差があるのだと思いますが、2個装着するよりかは、1個装着で良さそうな気がしました。

静音リングをつけることにより、キーストロークが浅くなり、キーの反応が早くなるので、従来より軽い押し込みでキー入力することが可能になります。
連続した文字入力などに便利かもしれませんね。

もしお手持ちのキーボードの打鍵音や打鍵感に変化を求めているなら、安価に購入できて手軽に試せる静音リングを、ぜひ使ってみて下さい!